スポンサーリンク

【黒い画面わからなくてもOK】ボリュームライセンス版 Office 2019 インストール【2020年版】

社内SE
スポンサーリンク

【黒い画面わからなくてもOK】ボリュームライセンス版 Office 2019 インストール【2020年版】

この記事は、下記のような人のために記載しています。

「会社のPCにOffice 2019をインストールしようとしてるけどうまくいかない」

「Office 2019になってからインストール手順が難しくなってまったくわからない」

コマンドプロンプト(黒い画面)とか難しくてわからない」

そんな方でも簡単にoffice 2019 をインストールできる手順を記事にしましたので、ぜひこの記事を読んでトライしてください。

 ボリュームライセンス版 Office 2019から、インストール方法がコマンドプロンプトを利用する方法になりました。今までのボリュームライセンスのインストール方法と違い、コンピュータに対して知識がないと難しい手順になりました。

今回は、コンピュータに対して知識が少ない人でもインストールできる手順書を作りましたので参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インストール概要

MicrosoftのOffice 2019から従来の MSI によるインストール方法では、インストールできなくなりました。Office 2019からは、 Office 展開ツール (ODT)  を使用する方法になります。それについて解説していきます。

スポンサーリンク

Office展開ツール

Office展開ツールは、Officeをインストールするときに必要になるアプリケーションになります。このアプリケーションのインストール方法について説明します。

Office展開ツールのダウンロード

下記のサイトからOffice展開ツールをダウンロードします。

Office 展開ツール

MicrosoftのWebサイトでOffice展開ツールをダウンロードします。

こんな感じのファイルがダウンロードできるかと思います。

スポンサーリンク

Office展開ツールのインストール

ダウンロードしたOffice展開ツールの.exeファイルのインストールを実行します。

実行したら下記のようなダイアログが表示されますので

「Click here to accept the Microsoft Software License Terms」にチェックを入れ、「Continue」を押します。

次にフォルダーを選択します。ここでは、「C:\Temp」の直下を選択します。

※この手順では、黒い画面(コマンドプロンプト)になれていない人でもインストールできる手順になっているので、黒い画面に慣れていない方は必ず、Tempを選択してください。

インストールが完了したら「OK」を押して完了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Configuration.xmlの作成

Office展開ツールではConfigurationファイルが必要になります。Configurationファイルは、自分でメモ帳で作成することもできますが、慣れていない人には難しいのでOffice Clientサイトを使用して、作成します。

Office ClientによるConfiguration.xmlの作成

下記のリンクよりOffice Clientサイトにアクセスします。

Office Client

新しい構成を作成の「作成」ボタンを押します。

アーキテクチャの選択

インストールするOfficeのビット数を選択してください。

製品

購入したライセンスと同様になるように選択してください。

ここではOffice Suitesで「Office Standard 2019 – Volume License」を選択します。

言語

主言語を選択してください。ここでは日本語を選択します。

インストールオプション

ここでは、ローカルソースにチェックし、ソースパスに「C:\Temp」()を入力します。

スポンサーリンク

プロダクトキー

ここでは、マルチライセンス認証キーを選択します。

ここの有効なプロダクトキーを入力してください。そして、自動ライセンス認証に「オン」を選択してください。

その他の項目

その他にも、項目があります、必要であれば入力してください。

Configuration.xmlのエクスポート

右上にある「エクスポート」ボタンを選択します。

ダイアログが表示されますの選択してください、ここでは「現在の設定を保持する」を選択します。

XMLへの構成のエクスポートでライセンス条項を読み、「使用許諾契約の条件に同意できる場合」同意するにチェックし「エクスポート」ボタンを押下する。

エクスポートされた「Configuration.xml」を「C:\Temp」に移動します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Office 2019インストール

やっとインストールの準備ができました。これからは、コマンドプロンプトを使用して実行します。

Office 2019 のインストール ファイルをダウンロードする

コマンドプロンプトを起動し、C:\Tempファイルに移動するコマンドを実行します。下記のコマンドを実行します。

※コマンドプロンプトの起動方法がわからない場合は、「Windowsボタン+R」をおしてファイル名を指定して実行というダイアログで「cmd」と入力するとコマンドプロンプトが起動します。

cd “C:\Temp”

次にダウンロードするコマンドを実行します。

setup /download configuration.xml

注意: 何も起きていないように見えますが、ダウンロードはバックグラウンドで行われています。 ダウンロードが完了すると、コマンド プロンプトに戻ります

完了したらいよいよインストールです。

Office 2019 のインストール

下記のコマンドを実行します。

setup /configure configuration.xml

こんな画面が出たら成功です。

後は完了するまで待つだけです。以上、お疲れさまでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

Office 2019から今までのように簡単にインストールできなくなりましたね。理由はわかりませんが、Officeのインストールで苦戦する人も出てくるのではないでしょうか。

■参考

Office 2019 の展開 (IT 担当者向け):

Office 2019 の展開 (IT 担当者向け) - Deploy Office
IT 管​​理者に Office 2019 の展開方法に関する情報を提供します。

VL版 Office 2019 をインストールした件:

VL版 Office 2019 をインストールした件 - Qiita
VL版 Office 2019のインストールは今までの方法と異なり,xmlファイルを作成し,DOS窓でコマンドラインを使用する必要がある.こちらに方法が記述してあったが分かりづらかったので備忘録を兼ねて Office Deploy...
タイトルとURLをコピーしました