スポンサーリンク

転職活動の補助金について

社会保障制度
スポンサーリンク

転職活動の補助金について

転職活動中は収入がなく、生活に困るかと思います。

そんな方には、失業給付というせいどがあります。

失業給付とは、失業期間中に生活を支えてくれる社会保障制度です。

転職したいけど、就業中に活動ができない

会社が倒産、解雇により失業してしまった

そんな方は必見この記事を読んで、申請してください。

この制度は、正社員だけでなく、派遣社員、アルバイトでも条件を満たせば手当を受けることができます。ぜひ自分が条件に当てはまるか確認してください。

スポンサーリンク

失業給付とは

 失業手当は、会社の倒産や解雇での失業、自己都合で退職した方が、今後も働く意思がある人が、前職の賃金の45%~80%の賃金が給付される制度です。

 意外と知られていないのが、自己都合で退職した場合でも給付されるということです。

 この転職が当たり前になってきている時代では、とても良い制度ですので、積極的に利用していきたいですね。

また、この制度は申請しなければ給付されません。社会制度のほとんどは申請しなければ給付されないので、知らないと損をしていしまいます。

スポンサーリンク

給付条件

 失業手当の給付される条件について解説します。

働く意思

 倒産や解雇、自己都合などで失業したが、今後も働く意思がある場合は給付対象になりますが、結婚、妊娠、病気で会社を辞めた場合非対称となります。 

雇用保険の加入

 前職で雇用保険に6ヶ月以上加入していることが条件になります。

 雇用保険は

週の所定労働時間が20時間以上

31日以上雇用の期間が見込まれる

 などの条件を満たす場合、原則加入することになっております。

スポンサーリンク

申請方法

手続きはハローワークで申請できます。求職活動中でなければ手当を受けられないので、退職したらすぐに手続きをしてください。

※4週間に1回求職活動状況を報告する必要があります。

スポンサーリンク

給付期間

失業給付を受けられる期間は下の図の通りです。

 給付期間は自己都合より、倒産、解雇などによる失業の方が有利になっていますね。また若い人は給付期間が短い傾向にありますね。

また、会社都合での失業は、7日間の「失業待機期間」後にすぐに給付がはじまりますが、自己都合だと給付までに時間がかかります。

スポンサーリンク

まとめ

 失業給付は、申請しなければ給付されません。自己都合でも給付を受けることができるので、転職をしたいけど就業中は転職活動ができないとお考えの人も、一旦退職してから失業給付をもらいながら転職活動をするのもよいかもしれませんね。

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました