スポンサーリンク

SEってぶっちゃけ稼げるの?

SE
スポンサーリンク

システムエンジニア(以後SE)って稼げるの、世間では高給取りのイメージがある。SEですが、それについて解説していきたいと思います。

SEとは?

SEをざっくり説明する上でよくたとえられるものとして、建築がある。

SEは家を建てる時でいう、建築士みたいな立ち位置である。

まず、家を建てたいと考えているお客さんがいる。

お客さんは、その要件を建築士に伝えます。その要件をもとに、設計図を書く

設計図をもとに大工が家を建てる。これが家を建てる時の大きな流れだと思う。

SEも似ていて、お客さんがシステムの要件を考えていて、SEが要件をもとに

設計図を書き、プログラマがシステムを開発する。

SEの大枠はこんな感じです。

SEを語るうえで、建築物を建てることにたとえられるのはよくわかるね。

来年SEの平均年収は大幅に減少する!!

世間一般ではSEの給料は高いとされてますね。

結論から言うと、平均より高いと思う。

しかし!!

来年から確実にSEの平均年収は大幅に下がると思う。

なぜ??って思う方も多いと思います。それを今から開設するね。

今までSEの給料明細で残業代が大きな比率を持っていた。

これは、調べたらわかると思うんだけど、SEって他の会社と比べて

残業がものすごく多いんです。

そりゃ平均年収も高くなるよね。

でも、来年からSE業界の平均年収は必ず下がるんです。

なぜなら、2019年4月から働き方改革により、月の残業時間を45時間までと

するようにと法律ができた。

正直、私の会社では残業時間が60時間超えている人はザラにいました。

そんな人たちの残業時間が45時間までとなったら、

平均年収が下がるのは容易に考えられるよね...

結論

SEは残業代が減る分あまり稼げないと思う。

タイトルとURLをコピーしました