スポンサーリンク

人生のポートフォリオが必要な理由

人生のポートフォリオ
スポンサーリンク

人生のポートフォリオが必要な理由

この記事では、

「これから終身雇用が終わる、どうやったら安定して生きていけるかわからない。」

「会社を辞めても自分の力で生きていきたい。」

そんな方のための記事になっています。

スポンサーリンク

人生のポートフォリオが必要な理由

今後、終身雇用は終わります。現在(2020年時点)ですら、入社したら安泰といわれていたNEC、富士通などでは、45歳以上の方のリストラを行っています。

あなたは、45歳でリストラされて、一人で生きていける自信はありますか?

終身雇用はおわる

2019年時点で、トヨタの社長や経団連会長(日立製作所の社長)は、終身雇用を守ることはできないと述べています。

今後、自動運転や電気自動車が進歩すると車の台数や部品点数が大幅に下がります。

現在、世の中に出回っている車の稼働率はたった2割であるといわれています。

8割の車は駐車場で眠っているといわれています。

しかし、自動運転が導入されるとこの台数が最適化されます。

人は車を持たないようになり、世の中に出回っている自動車の稼働率は大幅に向上します。

これにより、自動車の販売台数は格段に落ちます。

これにより、トヨタなどの自動車メーカーや部品メーカーは大打撃をうけます。

次に電気自動車です。電気自動車は、ガソリン車と比較して部品点数が大幅に少なくなります。

今後電気自動車が出回ると、部品メーカーに大きな影響が与えられます。

また、IoTやAIなどの導入により、製造ラインで働く人も大幅に削減されます。

それなら、トヨタなどの自動車メーカーに「IoTやAIなんて導入させなければよい。」と考える方もいるかもしれません。

しかし、それでは、トヨタは世界と戦うことができなくなります。

結果トヨタ自体が倒産してしまいます。

2020年時点でも製造業の求人は減っています。日本の主力産業である製造業が落ち込むことは大きな影響を与えます。

今後企業は従業員を首にしやすい環境になる

現在、転職が流行ってきています。

国も転職を推奨しています。国は転職しやすい環境を作ることで、従業員を首にしやすい環境を作っています。

現在、圧倒的に会社が不利な状況になっています。

手塩をかけて育てた部下が簡単に転職してしまいます。

それと、パワハラやらなんやらで会社にすぐに社会的ダメージが「これは今回の話には関係ないがw」

このように圧倒的に企業が不利な状況化にすることで、国は企業に首にする権利を与えます。

安定して生きていくためには

安定して生きていくためには人生のポートフォリオを設計する必要があります。

ポートフォリオとは、金融業界でよく使われる言葉でリスク分散です。

要は、会社を首になっていも、他の収入で賄えるようにするということです。

そのために、金融、ブログ、物売り、ブログ、フリーランスなど

会社を辞めても生きていく力をつける必要があります。

私の人生のポートフォリオはこちらです。

スポンサーリンク

まとめ

人生のポートフォリオが必要な理由について解説しました。

今後、確実に日本の製造業は落ち込みます。そして、終身雇用は終わります。

今の若い人には酷かもしれませんね。しかし生き抜いていく必要があります。

そのために人生のポートフォリオを設計しましょう。

タイトルとURLをコピーしました