スポンサーリンク

Google AdSense 審査合格方法

ブログ
スポンサーリンク

この記事は下記のような方のための記事となっております。

「ブログを始めたから、収益化したい。」

「Google AdSenseの審査になかなか合格できない」

そんな方は必見、この記事を読んでGoogle AdSenseの審査に合格しましょう。

この記事は、私がブログ解説して約2週間で、Google AdSenseに合格するためにしたことを解説します。

スポンサーリンク

Google AdSenseに合格するために行ったこと

ブログの収益化を行う上で、最初の関門といってもよいGoogle AdSense審査の合格方法について解説してきます。

スポンサーリンク

審査合格の必須コンテンツ

Google AdSense審査の合格には、2つの必須コンテンツがあります。このコンテンツがないと、審査は不合格になります。この章では、必須コンテンツについて解説します。

必須コンテンツ①:プライバシーポリシー

審査では、プライバシーポリシーが必須になります。

プライバシーポリシーとは、 (個人情報を含む)プライバシー情報の取り扱い方針(=ポリシー)を定めた文書 です。

恐らく、顧客情報を利用するため、このような文面がないと、法的な問題になる可能性があるため、必須になっているとおもわれます。

必須コンテンツ②:お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは、ブログの閲覧者が投稿者に対して問い合わせできるようにしている必要があるみたいです 。

スポンサーリンク

ブログの記事の内容

Google AdSenseの審査では、記事の文字数などや記事の数などが審査対象になるようです。

私が審査に合格したときは、文字数は大体1000文字程度の文字数、記事の数10くらいだと思います。

ネットでは記事の数が30くらいないと合格できないといった投稿もありましたが、そんなこともないみたいです。

Amazon アソシエイトの審査では、申請時の内容と記事の内容もみられるので、所管ではAmazon アソシエイトの審査の方が厳しく感じました。

スポンサーリンク

ブログ開設してからの期間

審査では、ブログを開設してからの期間は2週間程度あれば合格できるみたいです。ただ、独自のドメインでないと合格はできないみたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

Google AdSenseの審査は、結構ハードルが高いといわれていましたが、記事数が10程度で済むこととブログ開設から2週間程度あればできるということもあり、意外とハードルは低いと感じました。

また、Amazon アソシエイトのようにサイト情報を記載させて、審査対象になることもないので、所管では、アソシエイトの審査の方が厳しいのかなと感じました。

Amazon アソシエイトの合格方法の記事のリンクも下記に貼っておきます。

以上、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました