スポンサーリンク

【シニア社員必見】減給される給与を補填できる社会保障制度

社会保障制度
スポンサーリンク

【シニア社員必見】減給される給与を補填できる社会保障制度

シニア社員として定年後も働くとほとんどの方が減給されてしまうのではないでしょうか

そこで、今回はそんな減給されてしまう給与を補填する高年齢雇用継続基本給付金について解説します。

「 老後も心配だから、60歳以降でも働きたい 」

「定年後働くけど、給料が大幅に減少しちゃう」

そんな方は是非この記事をご覧ください。

高年齢雇用継続基本給付金は、60歳以降収入が減っていしまう分を補填してくれる社会保障制度です。

スポンサーリンク

高年齢雇用継続基本給付金とは

老後も心配だから、60歳以降でも働きたい。多くの方が考えていると思います。

しかし、60歳以降に働いても、給料が大幅に下がるのが大半です。

収入の減少分を補填してくれるのが「高年齢雇用継続基本給付金」です。

定年後に働かないかといわれても給与が半分になってしまうと、モチベーションが下がりますよね。

高年齢雇用継続給付金は、定年後にも働く人が給与ダウンになっても、仕事に対するモチベーションを下げないようにするための仕組みになります。

是非このような制度を利用して、仕事のモチベーションを保ちましょう。

スポンサーリンク

給付条件について

高年齢雇用継続基本給付金を受けるには、下記の5つの条件を満たす必要があります。

 (1) 60歳以上65歳未満で雇用保険に入って働いていること

 (2) 今の賃金が60歳時点の賃金の75%未満こと

 (3) 雇用保険に入っていた期間が5年以上あること

 (4) 失業給付などを受給したことがある場合、受取終了から5年以上経過していること

 (5) 育児休業給付金や介護休業給付金の支給対象でないこと

スポンサーリンク

支給金額について

支給額はどれだけ以前より賃金が減ったかで決まります。

60歳時点の61%未満になったら、その月の賃金の15%が支給されます。

75%以上の場合は給付を受けることはできません。

61%~75%の間の給付率は下記の表のとおりです。

スポンサーリンク

給付期間について

高年齢雇用継続基本給付金の給付期間は60歳の誕生日から65歳の誕生日までになります。

スポンサーリンク

給付申請方法

高年齢雇用継続基本給付金の給付を受けるためにはハローワークや職場で手続きが必要です。

必要な書類

申請時には下記の5つの書類が必要になります。

(1) 雇用保険被保険者六十歳到達時等賃金証明書

(2) 高年齢雇用継続給付受給資格確認票

(3) 高年齢雇用継続給付支給申請書

(4) 賃金の支払状況及び賃金の額を証明することのできる書類

(5) 年齢が確認できる証明書類(運転免許所など)

スポンサーリンク

まとめ

高年齢雇用継続基本給付金は、60歳以降も働く人の給与減少を補ってくれる制度でした。

現在雇用を70歳までとする法案もだされているので、今後制度自体見直される可能性が高いです。

でも70歳まで働きたくないですね。。。

以上ありがとうございました。

参考

厚生労働省HP

タイトルとURLをコピーしました